いきるをつくる - たべること、きること、つくること、つかうこと、知ること、感じること
買い付け日記
2018 / 04 / 17

Rap!Rap! の工房訪問とワークショップ

桜が舞い散り、そろそろ初夏の香りも近づいてきましたね。
そんな中、京都は嵐山まで足をのばしてみました。
というのも、[Rap!Rap!]として活動されている、作家の山田さんの工房に伺うためです。
山田さんは真鍮やアルミなどの金属を使って、お皿やカトラリー、ブローチなどを製作されています。
とりわけブローチはユーモアに富んだモチーフが揃い、その種類はなんと80を超えるのだとか。
鯛の赤色やタンポポの黄色、つばめの黒色などの色彩が見られますが、山田さんの作品は着色をしていません。
異なる金属を組み合わせたり、熱を加えることによる化学変化や錆びによって、金属そのものが持つ豊かな表情を引き出しています。
そんな[Rap!Rap!]の作風は関西はもちろん、名古屋や東京の作品展でも高い人気があり、以前、mumokutekiでお取り扱いさせて頂いた際にも、あっという間に完売してしまいました。
今回、満を持してそのブローチの仕入れと、更に作品がどんな風に、どんな想いを込めてできあがっていくのか、ワークショップも交えて、みなさんにお伝えできればと思います。

山田さんの工房は、ごく普通のおうちの一室。
案内されて扉を開けると、、、何十、何百(!?)もの工具や台座が所狭しとひしめき合っています。
金槌だけでも、20種類はありそうです。
よく見ると様々な曲線や模様があり、これで金属プレートを打つと、ざらざらしたりでこぼこしたり、一気に表情が生まれるのだと教えてくれました。

続いて作業工程の説明を受けます。
金属プレートを切り出し、削って、、、と、「見てもらう方が早いかな。」とおもむろに工具を取り出し、人気の「つばめ」の製作実演が始まりました!

つばめはリアルさを追求する為、実物の写真を貼り付けて、糸のこぎりで切り出していきます。
ざぁーしゅーざぁーしゅーというリズミカルな音が響きます。
くちばしや尻尾の部分も小刻みに動かしながら、丁寧に。
次にざらざらした切り口にヤスリをかけていくのですが、、

このヤスリ、実は棒状のカンナ!
既製のものを、納得のいく形状になるまで自分で研いで使用しているそうです、、!
数種類のカンナで、全てのパーツをなめらかに整えたあとは、細かなディティールを線や円で描いていきます。
目も小さな円でしっかり表現され、一手間も二手間も感じます。

この時も、その都度違う大きさの工具を使い分け。
ひとつのモチーフのたった1本の線の為に工具をつくることもあるんだとか。。
職人魂を感じます。。
パーツを全て組み合わせると、こんなイメージに。

頰の赤い部分は銅板です。
小さすぎて飛んでいきそう、、。

そしていよいよ色だしと溶接。
金属は錆びてしまうと溶接ができない為、接着部分を薬品でコーティングしてから、バーナーで炙ります。

一気に温度があがり、炎の中で真っ赤に。
頃合いを見て水につけ急冷。すると翼が黒く変化しています。
更にお腹と頰のパーツをのせ、一気に溶接。

一瞬のように見えますが、炎の中でピンセットを器用に使いこなし、熱を加えすぎないよう絶妙のタイミングを見計らう為、山田さんの目が鋭くなります。
たちまち、活き活きとした表情のつばめが、山田さんの手のなかに生まれました。

今度は自分達で作ってみます。
山田さんのようにリズミカルに、、とまぁ音が・・・続きません。
諦めてゆっくり切り進め、細かい線入れなども、何回も叩いたりしながら・・。

さすがに溶接は技術がいるので、山田さんに作業して頂き、なんとか完成です。
月と椿ができあがりました。
当たり前ですが、見るのと作るのとでは勝手が違います。
今回、初めて間近で作業を見させていただき、ワークショップを体験させていただいて、作品作りの大変さが身にしみました。
180センチはあろう長身の山田さん。
背中を丸めて、この小さなパーツを切り出したり、細かな作業をひたすらされるのです。
お会いした直後は、無口な印象でしたが、こと、作品の話をしだすと、前のめりになってお話を聞かせてくれました。
こちらのことを気遣ってくれたり、言葉はぶっきらぼうでしたが、優しさを照れ隠しにしておられました。
また、山田さんはピアスなどのアクセサリーをほとんど作られていません。
ブローチだとこんな大きさがいいとか、ここをもっと作り込んだらステキになるとか、より、身につける人の気持ちに寄り添えるから、という考えに、誠実さを感じました。
私たちはモノとしての価値に加え、作り手さんの想いを一緒に受け取っているのかもしれないと、改めて感じた1日でした。

ワークショップの後、mumokutekiのバイヤーが、[Rap!Rap!]のブローチを直接選んで買い付けさせていただきました。

今回、タイミングが少しずれていたら、日程が合わず工房に伺うことができなかったので、本当に貴重な機会です!
数に限りがありますので、mumokuteki京都店とオンラインストア用に、買い付けをさせていただきました。
[Rap!Rap!]のブローチは、作品展での販売がほとんどですので、遠方の方もこの機会に手にとっていただけたらと思います。
お気に入りの一品に出会えますように!!
(*手作り作品の為、オンラインストアでは、ものによってお写真と色味や形の異なるもののご用意になる場合もございます。気になる方はご相談ください)

RECOMMEND ITEMおすすめの商品

買い付け日記の最新一覧

買い付け日記
2018 / 04 / 17

Rap!Rap! の工房訪問とワークショップ

桜が舞い散り、そろそろ初夏の香りも近づいてきましたね。 そんな中、京都は嵐山まで足をのばしてみました。 というのも、[Rap!Rap!]として活動されている、作家の山田さんの工房に伺うためです。 山田さんは真鍮やアルミな...
買い付け日記
2018 / 03 / 23

染のさきら 工房見学レポート

こんにちは、mumokuteki goods&wearsの桐谷です。 1月のまだ寒さが厳しい頃、京都の岩倉にある染のさきらさんの工房にお伺しました。染のさきらさんは手捺染(てなっせん)と呼ばれる染めの技法で主にス...
買い付け日記
2018 / 03 / 23

〝お茶〟と〝わたし〟のつきあい お茶はこころのあたたかい故郷

今回、mumokutekiで取り扱わせて頂いている「にほんちゃギャラリーおかむら」の岡村友章さんに記事を書いていただきました。ありがとうございます。 岡村さんはなぜ「お茶」を取り扱い始めたのか?その出会いについて。 &n...
買い付け日記
2018 / 03 / 15

工場見学 <木村石鹸工業株式会社>

春を感じる陽射しの中、<木村石鹸工業株式会社>様へお伺いしました。 昨年、編集部日記にてご紹介させていただきました「SOMALI」を作っている会社です。 石油系の原料は使わない、【安心・安全】な石けん作りをされています。...