いきるをつくる - たべること、きること、つくること、つかうこと、知ること、感じること
買い付け日記
2018 / 02 / 05

おいものおやつ 作り手紹介<土佐あけぼの会>

おいものおやつの作り手紹介の第二段は〝土佐あけぼの会″の皆さんです。

土佐あけぼの会さんの事業所は高知県の香南市、周りは木々に囲まれた自然豊かな場所にあります。

前回ご紹介したゆいまあるさんと同じく障害福祉施設で就労支援としてオリジナルのおやつ作りを取り入れておられます。

 

 

事業所の近くに立つ風車をシンボルに〝風車の丘あけぼの”のブランドで、地場作物を使ったからだにやさしいおやつを作られていることに共感してお付き合いさせて頂くようになりました。オリジナルで作られているおやさいのチップスや国産小麦のおやつもオススメですよ。

 

今回はそんな土佐あけぼの会の皆様がおいものクッキーを作られる工程を皆様にもお届けします。かわいくて美味しい、まるくて美味しいおいものクッキー。一緒にできあがりを見ていきましょう。

おいものクッキーの生地はミキサーでこねて出来上がり。決まった分量毎に生地を分け、一本一本棒状に成形します。太さが均一になるように、ころころころころ。

 

 

いい塩梅になったら、周りにむらさきいものパウダーをまぶします。ここがポイントで、このむらさきいもの部分が出来上がりで重要な部分に。

 

 

一枚一枚丁寧にカットしていくと、すでにおいもに見えてきましたね。そうなんです。むらさきいものパウダーはお芋の皮をイメージされているのです。

ここでもうひと手間を加えます。

 

 

ちょんちょんちょんと黒胡麻3粒をのせると、かわいいおいもクッキーの姿に。お芋の甘さに胡麻の風味が引き立つ美味しさです。

 

 

これをじっくりと焼き上げて、手作業で丁寧に袋詰めまでして頂いて、いつもmumokutekiにおいしいのクッキーが届いているのですね。

全て人の手で作られていて、その温かさや優しい気持ちも一緒に届いているように感じます。

 

 

クッキーらしいサクサクした食感とバターがほんのり香る優しい味わい。味も見た目もおいも感がたっぷりのおいものクッキーです。土佐あけぼの会さんのこれまで磨きあげられたおやつ作りの確かな腕で作り上げられたおいものクッキーは日常のおやつにぴったり。

ぜひこの機会にご賞味くださいね。

RECOMMEND ITEMおすすめの商品

買い付け日記の最新一覧

買い付け日記
2018 / 04 / 17

Rap!Rap! の工房訪問とワークショップ

桜が舞い散り、そろそろ初夏の香りも近づいてきましたね。 そんな中、京都は嵐山まで足をのばしてみました。 というのも、[Rap!Rap!]として活動されている、作家の山田さんの工房に伺うためです。 山田さんは真鍮やアルミな...
買い付け日記
2018 / 03 / 23

染のさきら 工房見学レポート

こんにちは、mumokuteki goods&wearsの桐谷です。 1月のまだ寒さが厳しい頃、京都の岩倉にある染のさきらさんの工房にお伺しました。染のさきらさんは手捺染(てなっせん)と呼ばれる染めの技法で主にス...
買い付け日記
2018 / 03 / 23

〝お茶〟と〝わたし〟のつきあい お茶はこころのあたたかい故郷

今回、mumokutekiで取り扱わせて頂いている「にほんちゃギャラリーおかむら」の岡村友章さんに記事を書いていただきました。ありがとうございます。 岡村さんはなぜ「お茶」を取り扱い始めたのか?その出会いについて。 &n...
買い付け日記
2018 / 03 / 15

工場見学 <木村石鹸工業株式会社>

春を感じる陽射しの中、<木村石鹸工業株式会社>様へお伺いしました。 昨年、編集部日記にてご紹介させていただきました「SOMALI」を作っている会社です。 石油系の原料は使わない、【安心・安全】な石けん作りをされています。...