いきるをつくる - たべること、きること、つくること、つかうこと、知ること、感じること

夏の入浴のすすめ

 

日差しの強い夏。

冷房の中で過ごした場合は、冬と同じように上半身と下半身の体温差で「冷え」の症状に。

暑さの中で過ごした場合は、心身共に疲労しています。

その結果、「夏バテ」を引き起こしてしまう可能性があります。

お風呂の時間をシャワーで済ましてしまいがちですが、そんな季節にも入浴をおすすめします。

 

ぬるま湯(40℃以下)の場合

副交感神経が働いて精神的にも安らぎ、落ち着いた気分になれます。

 

高温(4244℃)の場合

交感神経の緊張を促し、活動的にします。